2019年3月13日 (水)

もぐら新章-血脈

Sinmogu


『もぐら新章-血脈』(中公文庫)


新たなる「もぐら」伝説!

人類最強を決める壮絶な闘いの末、伝説は
終わりを告げた……はずだった!

今、物語最後の地・沖縄で、あの伝説が蘇る。



※2019/3/20発売予定です。





2019年2月15日 (金)

ACT特設ページ

ACT3発刊を記念して、特設ページが
開設されました。

よろしければ、ご覧下さい。


矢月秀作「ACT」特設ページ






2019年2月 7日 (木)

ACT3 掠奪 警視庁特別潜入捜査班

Act3


『ACT3 掠奪 警視庁特別潜入捜査班』(講談社文庫)



全固体電池の研究者・石毛が失踪した。

その直前、燃料電池自動車開発に注力する中国資本
企業からのオファーがあったのだという。

さらに、燃料電池自動車に関係する技術者が、次々に
失踪していることが判明する。

それぞれの事件に関係する、早川と名乗る謎のヘッド
ハンター、そして裏には巨大な中国資本の存在が見え
隠れする。

警視庁は、この複雑な事件の解明、組織犯罪摘発の
ため、密かに設立した“非合法”潜入捜査チーム
「特別潜入捜査官」への調査指令を出す!

ふだんは下北沢の「つつみんシアター」の劇団員として
暮らす伝説の潜入捜査官・田宮一郎を中心に四人の
捜査官が「スタジオUST」に招集された。

中堅エレクトロニクス会社<海運電産>、中国系ファンド
<先進公司>、素材開発で知られる<日鉄>へとそれぞれ
の潜入が始まる。

中国資本と技術流出。国家を超えた陰謀に、田宮たち
捜査官は立ち向かうが……。

傑作『ACT 警視庁特別潜入捜査班』シリーズ、待望の
第3弾! 文庫オリジナル。



※2019年2月15日発売です




2018年4月24日 (火)

紅い鷹

Aka_2


『紅い鷹』(徳間文庫)



工藤雅彦は高校生に襲われていた。母親の治療費
として準備した三百万円を狙った犯行だった。

気を失った工藤は、翌日、報道で自分が高校生を
殺したことになっていることを知る。

匿ってくれた小暮俊助という謎の男は、工藤の罪を
揉み消す代わりにある提案をする。そのためには、
過酷なトレーニングにパスしろというのだが……。

工藤の肉体に封印された殺し屋の遺伝子が、今、
目覚める!



※2018年5月2日発売です





2018年4月 3日 (火)

鳩の血-警視庁公安0課 カミカゼ(2)

Kamikaze2



『鳩の血-警視庁公安0課 カミカゼ(2)』(双葉文庫)



武装市民団体との死闘から生還した公安0課作業班員・瀧川。

だが、幹部と約束していた少年課への異動は一向に叶わず、
さらに、共に死地を潜り抜けた藪野が行方不明になったとの
凶報がもたらされる。

藪野の安否に揺れる瀧川は心ならずも0課に復帰。

左翼系環境団体を探るため、大学の聴講生になりすました
瀧川に、20億円の最高級ルビーがミサイル取引に使われる
という衝撃情報が飛び込んでくる。

超人気ハードアクション、怒濤の第2弾!


※2018年4月11日発売です




2018年3月 6日 (火)

人間洗浄(下)D1 警視庁暗殺部

D13


人間洗浄(下)D1 警視庁暗殺部『』(祥伝社文庫)




※2018年3月14日発売です





2018年2月 2日 (金)

刑事学校

Keiji_2


『刑事学校』(文春文庫)



大分県警刑事研修所・通称刑事学校の教官である畑中圭介が
生徒たちと共にカジノリゾート構想の闇に立ち向かう。

痛快警察アクション。


※2018年2月9日発売です




2017年12月 5日 (火)

コンダクター

Conductor



『コンダクター』(河出書房新社)



若者が起こした短絡的誘拐事件。

ベテラン刑事・野村が専任となり、早期解決が見込まれて
いたが、犯人は忽然と姿を消してしまう。

事件背後に仕組まれた巧妙な復讐劇が始まる。

不遇な青年たちの愚直な犯罪が更なる巨悪を呼び寄せる、
究極の誘拐ミステリー!


※2017年12月22日発売です





連載情報(2017/12現在)

現在連載中&新連載予定情報です。



・『ESP』(小説幻冬)…2017/9~
・『ACT3 掠奪』(小説現代)…2017/11~
・『もぐら外伝(仮)』(中央公論新社)…2018/1~



他、打ち合わせ中のものも決まりましたら、また、
お知らせします。





2017年7月10日 (月)

フィードバック

Feedback




『フィードバック』(徳間文庫)



湊大海は一軒家にひとり引きこもっていた。

誰にも会わない孤独な日々を送っていた大海だったが、
ある日、上京してきた従兄弟の一色颯太郎と同居する
ことに。

颯太郎は人に合わせることのできないトラブルメーカーで
男と揉め事を起してしまう。面子を潰された男は半グレを
雇い二人に執拗な嫌がらせを始めて――。

引きこもりの巨漢と口ばかり達者な青年。二人は圧倒的
な暴力に立ち向かうことはできるのか。

稀代のハードアクション作家・矢月秀作の新境地!





«2018年度春連載予定

電子書籍

  • もぐら凱 下
  • もぐら凱 上
  • いかさま
  • 紅い鷹
  • もぐら 戒(電子書籍版)
  • もぐら 闘(電子書籍版)
  • もぐら 醒(電子書籍版)
  • もぐら 乱(電子書籍版)
  • もぐら 讐(電子書籍版)
  • もぐら(電子書籍版)
  • ビバ! オナニスタ
  • 冗舌な死者 下
  • 冗舌な死者 上
  • 冗舌な死者12 魔刻捜査(後)
  • 冗舌な死者11 魔刻捜査(前)
  • 冗舌な死者10 生の証
  • 冗舌な死者9 優しさの行き着く場所
  • 冗舌な死者8 愛という名の迷宮
  • 冗舌な死者7 境界の彷徨人
  • 冗舌な死者6 生ける屍の深淵
無料ブログはココログ