2017年7月10日 (月)

フィードバック

Feedback




『フィードバック』(徳間文庫)



湊大海は一軒家にひとり引きこもっていた。

誰にも会わない孤独な日々を送っていた大海だったが、
ある日、上京してきた従兄弟の一色颯太郎と同居する
ことに。

颯太郎は人に合わせることのできないトラブルメーカーで
男と揉め事を起してしまう。面子を潰された男は半グレを
雇い二人に執拗な嫌がらせを始めて――。

引きこもりの巨漢と口ばかり達者な青年。二人は圧倒的
な暴力に立ち向かうことはできるのか。

稀代のハードアクション作家・矢月秀作の新境地!





2017年4月27日 (木)

2018年度春連載予定

連載情報です。


●4月より

『カミカゼ2』(週刊大衆/双葉社)
『刑事学校 博戯の代償』別冊文藝春秋/文藝春秋)※WEB隔月


●5月より

『D1-3 人間洗浄 下』(小説NON/祥伝社)


●6月より

『コンダクター』Web河出/河出書房新社)※WEB連載再開
『(タイトル未定)』(中央公論新社)※WEB


他、確定次第、またお知らせします。




2017年3月17日 (金)

AIO民間刑務所(上・下)

Aio1


『AIO民間刑務所・上』(中公文庫)



20××年、日本で設立・運営される初の民間刑務所
「AIO第一更正所」。そこにこのたび、四人の同期が
入所した。

だが、そこで目にしたのは刑務所の経営者、議員、
刑務官、囚人たちの渦巻く欲望だった。

はたして四人は刑務所に巣食う闇を暴けるのか?

日本の来るべき未来を戦慄的に描いた名作、待望
の文庫化。



Aio2


『AIO民間刑務所・下』(中公文庫)



「AIO第一更生所」に入所した若林耕平は、この民間
刑務所の矛盾点に次第に気がついていく。

そんななか、囚人が更生官を殺戮する事件が発生。
さらに同期の仁美にも魔の手が。

暴動による混乱なか、明らかになる邪悪な陰謀の
正体とは……。

「もぐら」「リンクス」の著者が描く、近未来アクション&
バイオレンス!

〈解説〉細谷正充



※「獄の極」の文庫化です。





2017年1月20日 (金)

リブラリアンの書架

『ACT2』のインタビュー模様、こちらでも観られます↓


http://shousetsu-gendai.kodansha.co.jp/livrarian/index_1702.html


ぜひ、どうぞ☆





2017年1月 8日 (日)

ACT2 告発者 警視庁特別潜入捜査班

Act2



『ACT2 告発者 警視庁特別潜入捜査班』(講談社文庫)



警視庁特別潜入捜査班:組織犯罪摘発のため、
警視庁が密かに設立した“非合法”潜入捜査班。

ジェネリック薬品を巡る不正とその巨大な利権を
告発しようとした内部告発者が失踪した!

下北沢の「つつみんシアター」の劇団員として暮らす
「田宮一郎」を中心に集められたメンバーは、
医薬品の検査組織「日医検」、イチマル製薬への
潜入捜査を命じられる。

製薬会社の権力とその金の背後に蠢く人間たち。
巨大な陰謀を、白日の下にさらせ!

傑作『ACT 警視庁特別潜入捜査班』シリーズ、
待望の第2作目刊行! 文庫オリジナル。





2016年12月20日 (火)

烏の森

Karasu2_2



『烏の森』(角川文庫)



2014年4月、廣済堂文庫から出たものの再文庫化。

多少、ブラッシュアップしてます。





2016年9月28日 (水)

光芒

Kobo_2



『光芒』(幻冬舎文庫)



伝説の元暴力団員・奥園が設立した自動車解体工場は
裏では窃盗を繰り返していた。

が、社員を想い、奥園が裏稼業から手を引こうとした矢先、
ヤクザ時代の因縁の相手の縄張り荒らしに気づく。

裏切りの疑惑。背後で蠢く謎の敵対者。

微かな雑音が亀裂となり血で血を洗う巨大抗争に変わる時、
男たちは問う。

「所詮ヤクザは堅気になれないのか?」





2016年9月13日 (火)

サイドキック

Sidekick



『サイドキック』 (ハルキ文庫)



警視庁青山中央署の刑事課には、二人の名物刑事がいる。

一人はチョビ髭で、頭部も薄い中年刑事・三木本鶴麿。もう
一人は長身でスレンダーだが、キレたら恐ろしい最強美人
刑事・御前静花。

鶴麿はどこからどう見ても冴えないただのおっさんだが、
いつもミラクルを起こし、事件を解決に導く。

こんな鶴麿に静花はぞっこんで、二人の関係は、青山中央
署の七不思議のひとつだ。

そんな中、青山の宝石店で強盗殺人事件が発生し、名物
凸凹コンビが捜査に乗り出した──。

傑作エンタテインメント警察小説。





2016年8月12日 (金)

リターン

Return



『リターン』 (中公文庫)



沼津市議会議員として町おこしを企画した阿南光利の前に、
高校時代の旧友・勝村を殺した犯人・城戸が現れた!

静岡県警銃対課に勤める一ノ瀬守は、親友・阿南を助ける
ために捜査を開始するが、そこに待ちうけていたのは、13
年前に隠されていた驚愕の真実だった……。

友情、誘拐、裏切り、仲間の死、陰謀、誓い……。

全ての哀しみが、13年の時を経て、再び悪夢となって蘇る!



※8/19発売予定です。





2016年5月19日 (木)

連載情報

2016/05/19時点の連載情報です。



○小説現代 『ACT2』 (講談社)

○読楽 『フィードバック』 (徳間書店)

Web河出 『コンダクター』 (河出書房)



連載が終了したものは、逐次、文庫、書籍化
していく予定です。





«いかさま

電子書籍

  • もぐら凱 下
  • もぐら凱 上
  • いかさま
  • 紅い鷹
  • もぐら 戒(電子書籍版)
  • もぐら 闘(電子書籍版)
  • もぐら 醒(電子書籍版)
  • もぐら 乱(電子書籍版)
  • もぐら 讐(電子書籍版)
  • もぐら(電子書籍版)
  • ビバ! オナニスタ
  • 冗舌な死者 下
  • 冗舌な死者 上
  • 冗舌な死者12 魔刻捜査(後)
  • 冗舌な死者11 魔刻捜査(前)
  • 冗舌な死者10 生の証
  • 冗舌な死者9 優しさの行き着く場所
  • 冗舌な死者8 愛という名の迷宮
  • 冗舌な死者7 境界の彷徨人
  • 冗舌な死者6 生ける屍の深淵
無料ブログはココログ