« 貧乏飯考 | トップページ | 幾分スッキリ☆ »

借りてみればいい

最高裁が、更新料は有効、との判断を下したそう。

裁判官は、ギリギリの収入でアパートでもマンション
でも、借りてみればいい。

この訳のわからない名目の金が、どれほど、家計を
圧迫するのかがわかるだろう。



更新料の慣習のないところから、首都圏に来ると、
この「更新料」というのには、驚かされる。

「長い間続いているのは、一定の合理性がある」と
主張しているが。

更新料の慣習がない場所の方が多いのだから、
この主張は暴論だよね。



また、契約者は納得して借りているのだから、という
主張もあるが。

納得も何も、それを認めなければ、貸さないやん?

これは、この時点で、借り主に選択肢がなく、とても
公平な契約とは言えないよね。



賃料の補充という性格を持つ、と言ってるけど。

更新料を取るから、月々の家賃がこの程度になる
という明確な数字は示されてないよね?

契約時に、それらは開示されるべきなのに、それも
なしで、「補充の性格」と位置づけるのは、少々乱暴
ではなかろうか?



結局ね。

裁判官らは、知らないんだよ。

更新料の払い月は、とんでもない費用がかかるって
ことをね。

自分らは、立派なヤサを持ってるだろうから。

我が身にならなきゃ、関係ないんだろう。



もう一つ、不動産関係で。

敷引きは有効との判断も出されている。

敷金から、一定の金額を問答無用に引いていいと
というものだけど。



これについては、一定の理解はある。

あまりに不合理な敷引きはどうかと思うが、どんなに
きれいに使っても、リフォーム代、クリーニング代は、
それ相応にかかる。

別の業者に依頼して、見積もりを出してもらい、その
差額でごねる人もいるけれど。

その大家には、そこの付き合いがあって、急場の際、
いちいち業者を探してるヒマもないわけで。

そういうときのために、近所の馴染みの業者に頼むと
いうのは、ある程度仕方のない面はある。

不動産って、村社会の産物だもんね。

そうした費用込みで、敷引きというのはありだと思う。



もっと言うと、敷金は返さなくていいから、それ以上の
請求はやめてね。

という方が、いいと思うのよ。

とはいえ、敷金3ヶ月分とか、半年分ってのは、それ
自体がおかしいとは思うけどね。



話は戻って、更新料。

更新料を取らなければ、家賃はもっと高くなるよ、と
言ってるけど。

今でも十分、クソ高いぜ。



結局、更新料ってのは、ボーナスだろ?

オーナーや管理会社にとって、家賃が月々の給与で、
更新料はボーナス。

更新料が、家賃の補充やいざというときの積立金に
あたるなら、それは、前家賃や敷金の二重取りとなる。

毎月の給与を出してるのに、ボーナス分まで取られる
いわれはないよねえ。

更新料のために、借金する例もあるんだよ。

これは、どう解釈しても、消費者の不利益でしかない
んだけどね。

法律ってのは、解釈だねえ。



まあ、しかし。

判断が出たとはいえ、法的に明記されているものでは
ないので。

更新料を不払いにした上で、家賃は供託して、居座る
という手もある。

これもまた法律なので、大家は店子を追い出せない。



そげな争いなく、大家と店子が仲がいいのが一番、
なんだけどねえ。

こうもあっちもこっちもが逼迫してくると、難しいのかな。



ともかく。

更新料は有効、という判断を下した裁判官は、今すぐ、
非正規労働者となって、賃貸住宅を借りるところから
やってみればいい。

どれほど、この更新料というものが理不尽か、身に
染みると思うよ。

借りること自体が難しい現実の方が、先に染みるか。w




|

« 貧乏飯考 | トップページ | 幾分スッキリ☆ »