« 私信 | トップページ | 倫理と創作 »

世間の常識は否定しないけれど。

創作者を育てようとする者が、世間の型に嵌めて、
若い連中の情熱や才能の芽を摘んで、どーすんだ。

常識に嵌めて、牙を抜いて、誰も彼もがいい子の
お話でも書いてりゃいいじゃんってか?

ままごとじゃねーか、んなもん。



常識は知ってなきゃいけないし、あまりに非常識
では、生きられない。

んなこたあ、連中もわかってる。

けどね。

創る者は、タブーを持っちゃいけないんだよ。

創作の中だけは、自由であるべきだ。

そこを否定しちゃ、何も創れない。

それがダメだってんなら、お偉い学者先生のご高説
をたまわってりゃいいんだ。

それ以外は、すべて否定しろ。

薄っぺらいお花畑論に呆けてりゃいいよ。



どこもかしこも、型に嵌めてきやがる。

多様性を認め合おうなんて、口では言いながら、
枠から外れたものは拒絶する。

嫌悪する。

多様性どころか、世の中、常識という一神教の
原理主義に突き進んでる。



それで、いいんかよ?

どこまで、自分らで、首を絞めりゃいいんだ?



腹が立って、仕方がない。




|

« 私信 | トップページ | 倫理と創作 »