« わさび菜制覇☆ | トップページ | なんとか、復帰 »

老いては生徒に教えられ…

明日の朝稽古に出ようと、早めに寝るも。

夜中に目が覚めてしまうクオリティー。

夕方のにするかなあ。

けど、明日には復帰したい気分。

ちょいともう、いい加減にカラダを動かしたい。



けども。

ちょいとだけ落ち着いたので、ようやく自分のことが
できるようになり。

お仕事しつつも、さぁて、何をしようかな……と考え
ているうちに、気がついたら、つらつらと小説を書き
始めてた。

そろそろ書きたくなってるんだな、奥底で。



生徒らにあてられてる面もあるか。

出来不出来、早い遅いはあっても、若い連中の書く
ことに対する情熱はたいしたもので。

毎日毎日、未来を目指して、書き進めてる。



そいや、わしが書き始めた頃も、そんな感じだった
なあ~、と、半ば、目を細める。

あの頃は、モノになるとかならないとか考えず、ただ
腹の中にあるものを吐き出したくて、ひたすら書いてた。

それがおもろくて、なんか、続けてた。



結局のところ。

書きたい衝動って、腹の中に何かがあって、そいつを
どんな形でもいいから、誰かに知ってほしい、という、
叫びなんだろうかな、と、この頃思う。

仕事として書いていくうちに忘れたものは、きっとそれ
なんだろうな、とも感じる。

気がつきゃ、作中で言いたいことは言ってんだけどね。w



生徒らそれぞれに言いたいことがあって。

それが作中に透けて見える。

小説のおもしろさって、そういうことなんだろうなあと、
思ったりする。

それは恐くもあるが、うれしくもある。

んな、当たり前のことを、連中に教えられてる。



書くことがまた、おもしろくなってきたのはいいんだけど。

困るのは、いったん書き出すと、特に夜、眠れなくなる。

寝入りばなが最も、頭が回るから、詰まっている部分を
あーだこーだ考えていると、「ああ、そっか☆」と気づき、
気づくと、その時に書きたくなる。

結果、眠れなくなる。(笑)



そうして、夜が明けていくのは嫌いじゃないんだけど。

オッサン体力には、かなりきつい。(爆)

まあでも、今、進めてるモノは、このペースで書き上げ
たいもんだ。



よし、寝よう!




|

« わさび菜制覇☆ | トップページ | なんとか、復帰 »