« 新聞広告☆ | トップページ | 久しぶりに熱出した☆ »

西部警察

やっと、3弾「乱」の再校も終了して。

なんだかんだでわしもがんばってるので、ご褒美。

で、選んだのが……。



西部警察PARTIセレクション 大門BOX 1、2、3


きっかけは、先の授業でのこと。

生徒らにアクションの話をしているときに、

「西部警察ってのがあってなあ~」

という話になり。

「どんなドラマなんですか?」

と聞かれたので。



ガルウィングがヴイ~ンと開いたら、ショットガンを
持った大門が出てきて、犯人の車にドーン!

犯人は車ごと、ドカーン! で、一件落着♪

というドラマだと言うと、みなが大笑いして、

「んなの、ねーよ~!」

というので、んな、いつか見せたろ、という話をして
いて、ちょうどDVDBOXが出たので、購入。

さっそく、見せたろうかな、と。(笑)



もぐさんも、なかなかのトンデモアクションではある
けれど。

当時の石原軍団のトンデモぶりに比べれば、まだ
まだ子ども。(ははっ)

いや、しかし、そんなとんでもないものを、テレビの
ドラマとして作って、毎週放送していた時代もあった
わけよねー。

考えてみれば、それ自体がとんでもないことだけど。



当時のアクションは、CGなんて代物はないので、
すべてが本物。

爆破は発破だし、宙を飛んで砕ける車も本物。

スタントも生身。

考えてみりゃ、すべてが本物だったのよね。

それだけに、映像の端々には本物の迫力がそこ
はかとなく漂っていて、それが見る者を興奮させた。

そんなことあり得ない、ということを映像で体現させ
ていたんだもんね。

すごいことだと思う。



ジャッキーやブルース・リーの映画もそうだけど。

見たことのない人らは、あり得ないと笑う。

ストーリー的には、そうなのかもしれない。

けど、そこじゃないんだよなあ、楽しさは。

生身の人間が、とても常人では考えられないことを
映像の中とはいえ、その肉体一つでやってのけて
いるんだよ。

そのすごさって、誰が見ても、すごいんじゃないの
かなあ~と、思うんだけど。

そのすごさに感じ入るのは、ごくごく当たり前の感
覚だと思うんだけど。

憧れても、おかしくないと思うんだけど。

違うのかなあ~?



……と、おっさん連中が集まると、よくこういう話に
なったりはする。(笑)

今の時代、こういう“本物”は、もう作れないのかも
しれないけど。

そうして、残っていく、また、遺していくのは大事な
ことなんだろうな、とは思う。

おっさんの懐古で終わらせちゃいけない気がする。



というわけで、さっそく、ズッカンドッカンの世界を、
楽しもう!

……と思うも。

今、うちにゃあ、再生機もないし。

PCのスロットルも壊れてるので、見られない。orz...

BOXの解説書を読んで、楽しむとしよう。(しくしく)




|

« 新聞広告☆ | トップページ | 久しぶりに熱出した☆ »