« もぐら醒+α | トップページ | 11月、だな »

それだけの話

合気道仲間と、稽古後、一杯やって。

雨の中、帰る。



途中、思い出す。

4、5年前だったかなあ。

新宿から、3時間かけて、雨に降られて
傘もなく、ずぶ濡れで帰ったときのこと。



すんごい、みじめで。

すんごい、泣きたくて。

でも、んなもんに負けるか! と、自身を
奮い立たせて。

あの雨の痛みは、今も忘れない。



矜恃について、いろいろと話す。

矜恃ってのは。

単なるプライドじゃなくて。

いろんな経験の果てに、こいつが俺を生かして
いるんだ、という核みたいなもの。

そこを曲げちゃ、生きていけね~ってもの。



矜恃=プライド、と捉えると、間違うんだよ。

人は、プライドで自ら死を選ぶことがある。

けど、矜恃ってのは、人を生かすものなんだ。

そいつがあるから、生きてんだ。



個人個人、矜恃は違う。

矜恃は、人におもねるものでもないし、強制
するものでもない。

けど、それぞれが矜恃を持ってほしい。

矜恃に生きて欲しいと思う。



よく、ここまでがんばったね、と言われるが。

そういうわけじゃなくってね。

このままでは、終われないと思っていただけ。

それが、わしを生かした。



合気道の先生が、一番苦しいとき、いつも言うてた。

「死なないでね」

飛ぶつもりはなかったが、ありがたかった。

稽古に行けないのに、時々、そうメールをくれた。

素直に、うれしかった。

心配してくれる人がいる、というだけで、生きようと
思えた。



まあ、何を言いたいのかと言われると。

実に、困る日記だが。(笑)



今日、雨の中、歩きながら。

一番、みじめな時を思い出して。

それでも、がんばってきたことを思い出して。

ふと、思いを残しときたくなった。



それだけの話だな。




|

« もぐら醒+α | トップページ | 11月、だな »