« ねむねむ病中 | トップページ | 満身創痍の果て »

そもそも

食材の“誤表示”という名の偽装問題。

一つぐらい、コスト削減のためにやむなくと
頭を下げる企業があるかと思いきや。

みな、誤表示で乗り切るつもりらしい。

愚かだなあ~。



これで通せば。

これまでもテキトーにやってましたと、ゲロ
するようなものだし。

うちは、食材の違いもわからないシェフに
高級料理を作らせてました! と言ってる
ようなもの。

厨房の人、激怒だわね。

素直に、経営がきつくて……と言ってくれ
たほうが好感持てるわ。



そもそも高級食材なんて、全国何十万店
もの飲食店に出回るはずもなく。

特に、大量の食材を必要とする系列店が
それらを独占できるはずもなく。

しかし、それを謳っている店が多いという
ことは、どこかの店が嘘を吐いてることは
明々白々。

とりたてて、騒ぐことでもない。



それよりも。

こういう事態を招いたのは、消費者側の
ブランド信仰にある気もしてる。

どこそこのなになにはうまいだとか。

どこそこのなになには物がいいだとか。

今回の件、騙された人たちも、気づいて
いなかったということは、そもそも、そう
した違いをわかっていなかったということ
に他ならないわけで。

なぜ、そうなるかと言えば、その食材や
料理を味わってるわけではなく、ブランド
を食ってただけということになる。

そこにも大きな問題があると思うけど。



もちろん、誤表示という名の偽装で、客を
騙して利益を貪っていた行為は糾弾される
べきではあるが。

一方で、盲目にブランドを信じていた客側も
考えるべき事はあるよね。

ノンブランドでも、うまいものやいいものは
そこかしこに存在してる。

そうしたものを自分の目や舌で確かめて
納得していく姿勢も必要なんじゃないかな。



ついでに。

薬のネット販売解禁で、三木谷氏は威勢
がいいけれど。

副作用での死亡事故が頻発したら、責任
取れるのかね?

持病等は、メールで確認の上とか言うけど。

んなもん、いくらでも嘘つけるのはわかって
いるはず。

それでも、メールを担保に自己申告された
ものを確認できないと逃げるのかな?

命に関わること。

何でもかんでも世界基準とやらに合わせる
必要はない。



今日の読売朝刊に、もぐらの半五広告が
載ってました。

ありがとうです☆



そいや。

会話中に「そもそも」という言葉が出だすと
必ず喧嘩になるという話もある。

「そもそも」は、全否定のニュアンスを持つ
そう。

お気をつけを。w




|

« ねむねむ病中 | トップページ | 満身創痍の果て »