« 熱やら見本やら | トップページ | 早いなあ~ »

ここいらが限界か

電子書籍関係の収支が出揃った。

以前とは、段違いの数字ではあるが。

割ってみると、国民年金のMAX額と変わらない。

つまり、暮らすには程遠いということ。



電子は、ここいらが限界ではないかな、と思う。

新しいツールではあるし。

今後も伸びるとは思うが。

いわゆる、生活の糧となるには程遠い。



これって、申し訳ないが、IT全体に言えることと
思うことがある。

胴元である企業は、コンテンツを集めれば、
それなりの収益は見込めるが。

コンテンツを出す側は、売れなきゃクズ以下。

今もそういう構図だよね。



国民年金程度の暮らせないけど、小遣いになる
程度が限界だと思う。

一部、バカ売れした人を引き合いに出しても、
なんら、意味がない。

その下の数多は、100円/年も稼げてないもの。

もう、商売じゃないよね。



わし個人の考えではあるが。

ビジネスモデルは考え直した方がいいと思う。

というのが、電子書籍印税を受け取る側の実感。




|

« 熱やら見本やら | トップページ | 早いなあ~ »