« てな感じの | トップページ | 見本来ました☆ »

33年ぶり

先日、父の納骨を済ませてきました。

まあ、なんやかんやとバタバタでしたが、ともかく、
無事に終わってよかったな、と。



で、納骨ついでに、33年ぶりに育った故郷の地を
踏むことになりました。

いろいろあって出てきた時は、もう、この地を踏む
こともないだろうと思っていましたが、最も良い形で
凱旋できたことは、感無量でした。

ただ、33年も経つと、街はすっかり変わっていて、
わしが知る風景は、ぽつりぽつりとあるだけ。

さすがにこれだけ離れると、アウエー感たっぷりで
旅行者気分でしたなあ。

それでも、懐かしい風景には出会いました。



で、久しぶりに、同級生や後輩なんかとも再会した
わけですが。

そこで出てくる話は、わしの当時の悪行三昧ばかり。

そんなにひどかったかなあ(^_^;、と反省しつつも。

それぞれがそれぞれの暮らしをまっとうしている様を
見聞きして、過ぎ去りし年月を感じました。



まあしかし、わしにとって人生最大の目標だった故郷
凱旋を果たせて、大きな一区切りが付きました。

ここからはまた、新しい何かを抱いて進んでいくしか
ないんだろうなと思いつつ。

ぼちぼち、日常に戻っているところです。

関係各位、もう少々、お待ちください。



話、変わりますが。

父のお別れ会をしてほしいという声は届いています。

いずれ、それもしなきゃいけないなとは思うのですが、
今はちと、わしが手が回らない状況でして。

また、会合をすることがあれば、関係各位には連絡
させていただきます。

しばし、お待ちください。



まあ、そんなこんなで、2月も終わります。





|

« てな感じの | トップページ | 見本来ました☆ »